優しい塾講師

優しい塾講師というのも、生徒達には人気があります。 しかし、「優しい先生」と「頼りない先生」は紙一重です。
優しくて怒らない塾講師は、生徒になめられることもありますから、普段優しくても、怒るところではしっかり怒るメリハリをつけることが大切です。

一般的に怖い塾講師より優しい塾講師の方が、生徒の人気は高くなりますが、保護者は優しい塾講師を評価しない場合があります。
保護者によって教育方針は異なりますから、子供を厳しくしつける方針の保護者の場合は、塾講師にも厳しさを求めます。
学習塾で教える場合は、元々の性格もあるとは思いますけど、優しい塾講師でいくのか、厳しい塾講師で教えるのか、対応が分かれます。
どちらか一方に統一しなければいけないということではなく、あるときは優しく、あるときは厳しくというようにメリハリも必要になるでしょう。 どんなキャラクターの先生なのか、子供から保護者へ伝わることもあります。

子供の前では優しい塾講師、しかし保護者の前だと厳しい塾講師というように二面性を持っていると、 後で子供から保護者に本当の顔が伝わってしまうことがあるかもしれません。
塾講師としての教え方には、ある程度の一貫性があった方がよいでしょう。

 

楽しい塾講師

Read more…

優しい塾講師

Read more…